CorticonServer実行方式について .pdf


Nom original: CorticonServer実行方式について.pdf
Auteur: Shiraishi

Ce document au format PDF 1.5 a été généré par Microsoft® Word 2010, et a été envoyé sur fichier-pdf.fr le 05/11/2012 à 09:33, depuis l'adresse IP 117.55.x.x. La présente page de téléchargement du fichier a été vue 852 fois.
Taille du document: 256 Ko (2 pages).
Confidentialité: fichier public



Aperçu du document


2012/11/05
Corticon Server の実行方式についての説明資料
1.

はじめに

本資料はキックオフで話題になった、CorticonServer と呼出し側のアプリケーションはどのように
通信できるかということについて説明する資料です。CorticonServer 製品の仕様を中心に記載しま
す。本内容は、すでに貴社にて受講されたトレーニング(RD コース)のテキストを基に構成されて
います。該当箇所を抽出しています。
2.

内容の詳細

2-1. Web サービスインタフェースの概要
モデリングしたルールセットをルールエンジンにデプロイすると、ルールエンジンとルール
セットは SOAP アプリケーションとして動作します。したがって、動作環境としては、Tomcat
や WAS などの SOAP コンテナとなります。呼び出し側アプリケーションは SOAP クライアン
トとしての機能が必要になります。図1参照(RD コーステキスト3ページ)

<図1>
2-2. アプリケーション側インタフェース開発の概要
モデリングしたルールセットから WSDL という Web サービスのインタフェース定義ファイル
が生成されます。これを利用するとアプリケーション側でインタフェース作成が効率的に行え
ます。具体的な方法はトレーニングで実施した内容ですので、省略いたします。
図2参照(テキスト4ページ参照)

Copyright © 2012 Blaze Consulting Japan, Inc. All rights reserved.

<図2>
WSDL についての説明です。図3参照。
(RD テキスト 23 ページ参照)

<図3>
以上

Copyright © 2012 Blaze Consulting Japan, Inc. All rights reserved.


CorticonServer実行方式について.pdf - page 1/2
CorticonServer実行方式について.pdf - page 2/2

Télécharger le fichier (PDF)










Documents similaires


corticonserver
threepigs c
it is not enough lean management
ppt support exercices
nikon d300 parts
introduction file

Sur le même sujet..